シミの種類に合わせた改善方法

シミはメラニン色素の沈着によってできるものです。シミができる原因は色々なものがあります。紫外線や加齢にホルモン影響、ストレスに食生活など多様にかみ合って発生している場合が多いのです。シミにも種類があります。その種類によってもケアの方法は変わってくることになります。一つは肝斑の場合のケアですが紫外線対策と美白化粧品などのセルフケアを行いましょう。炎症が治ったことでシミができしてしまうこともあります。色素沈着です。ニキビ跡ややけどなどが主なものとなるのですがニキビや湿疹などが新たに出来ないように気を付けることがポイントです。老人性のシミもあります。長年の紫外線が原因となることが多いのですが基本的にセルフケアは難しくクリニックでの治療が望ましいと言えます。そばかすもシミとして考えられます。遺伝的な要素が強いのですがセルフケアとしては美白化粧品の利用が望ましいと言えます。強烈な紫外線を浴びて水ぶくれになったあとなどにできるシミもあります。紫外線対策をしっかりと行うことが重要で、ひどい場合は早期にクリニックでの受信が望ましいと言えます。